So-net無料ブログ作成

ラグビーのボールはなぜ楕円球?

私は高校3年間、部活動でラグビーをやっていました。高校になってからはじめたので、最初にボールが楕円球ということに戸惑いました。
まっすぐに転がらない、地面に置くのも一苦労…、サッカー、野球など色々な球技がありますが、ラグビーボールほど特徴のある形はないでしょう。特にキックが難しかったですね。
で、これはいったい何がきっかけで生まれたのか前から気になっていたので調べてみたのですが、今でもはっきりとした理由はわかっていません。
でも、いくつかの説があるみたいです。その中で最も有力視されているのが、牛や豚のぼうこうを膨らませていたため、楕円球になったという説です。
ラグビーフットボールという競技の起源は、サッカー同様にイングランドの中流階級以上が通うパブリックスクールで、現在のルールから見れば、サッカーともラグビーともいえないフットボールが行われていました。
イングランドのラグビー発祥の学校には、「ボールを持って走った」というウェツブ・エリス像が立っています。そのエリスが持っているボールは、楕円というより球に近い形をしています。
また、ラグビー校のすぐ隣には博物館があり、そこはもともとボールを作っていたギルバート社の工房の跡地です。
そして、博物館内には競技が生まれた頃の使われた、豚のぼうこうで作られたボールが飾られていて、やはり楕円というよりも球状に近いので、いつから楕円球になったのか、いまだに判明していません

楕円球に慣れれば、球状のボールよりも持ちやすく、パスをしやすくなりますが、最初はキックが上手く出来ず、まともに蹴ることが出来ませんでした。
やはり、キックの精度が上がれば得点につなげやすので、蹴り方などは最初のうちに身につけておくと良いですよ。
私が最近いいなぁ~と思いっている教材が、元・日本代表、現・日本代表コーチ栗原徹監修のラグビー・キック上達革命です。正確無比なキックを習得できますからね。
また、現在のラグビーボールは、皮や合成皮革を使った4枚張りが一般的です。タテの長さは280~300ミリ、ヨコの周囲は最も長い部分で580~620ミリ、タテの周囲は740~770ミリ、重さは410~460グラムと定めれています。
4年前のイングランドワールドカップでは、日本で使用しているサイズよりもやや縦長のボールが使用されていました。
そのために日本代表のFBの五郎丸歩選手を悩ませていたということがあったようです。
nice!(1) 

ゴールデンウィークの予定

今年のゴールディンウィークは、遠くに旅行にいくことができない私。
というのも仕事で連休がとれないから。そんな時には電車で2時間くらいのところへ日帰り旅行してみるのも楽しいものですね。
ほんの少しだけで旅気分を味わうことが出来ますよ。電車に1時間半くらい乗っているとたいてい山や海の近くまで行ける。そして、そこには自分の住んでいる町には見られない景色があります。
塀に立てかけられているアジの干物や港に止められている小さな船、軒下につるしてある干し柿。藁ぶき屋根の大きな家、季節によっても変わってくるし、そんな様々な風景を目にするだけでも心の中は十分に旅気分になれます。
気持ちもきっと新しくなると思います。

小さな旅を楽しむためには、せっかく出かけていくんだから、やっぱり電車のなかでも旅気分になるようにしたい。それには駅弁とお茶は外せないよね。
あと目的地では、その土地らしいお店にはよるのがおすすめです。お魚定食や山菜そばのおいいしいところ、探してみるとあると思います。
でも夏休みは、長期休暇がとれそうだから、沖縄に行こうと計画をしています。
でも、出来るだけ航空券は安いものを入手したいよね。
そこで、お勧めなのがこちらのサイト→ソラハピ※国内航空券の最安値は比較がおすすめ
また、今年の私のゴールデンウィークの後半は、フリーマーケットに参加する予定です。自分のいらなくなったものを「ポイ」と捨ててしまうのじゃ簡単だけで、今はフリーマーケットという楽しくてエコロジカルなものがあるんだから利用しない手はありません。
それにお客さんとのやりとりや、商品が売れていく過程は、思っている以上にエキサイティングだし、意外な商才を発見するきっかけになるかもしれないし。
公園などの公共の場で開催されるものは、事前の申し込みや手数料がかかったりするので主催する団体に問い合わせてみると良いです。
あとは、自分や友達の家の前にスペースがあるなら、そういう場所でやるのもアットホームで面白いかも。でも、人通りが多いところじゃないとお客さんがこないけどね。
そんな時は、値段を書いた紙を商品に貼り付けて、通る人が見やすいようにしてあげて、おまけしてあげると喜ばれるよ♪
それと、どうしても休みたいときには、会社や学校をずる休みをたまにしたっていいと思う。
長い人生、1回や2回、お休みしたってどうってことない。それに、それくらいの一休みができないのは反対におかしい。ずる休みして、元気になって、つぎに挽回すれば、良い場合だってあるんだから。
ただ、明らかに大勢の人に大迷惑がかかってしまう場合は、気合を入れてとにかく行こう。
ずる休みのチャンスは、他にもたくさんあるはずだから。
nice!(0) 

アーチェリーでは風の流れを読む

私はアーチェリーを学生の頃からやっています。先日、試合があり風を味方につけることができなくてあまりいい結果を出すことが出来ませんでした(>_<)
アーチェリーの試合のほとんどはグラウンドや河川敷などで行われるので、それだけ風をさえぎるものがない広いスペースで行われますから、尚のこと風の強さや方向などの流れを読無必要があります。
何より、弓から放たれた矢は、いくら細いといっても風の抵抗を受けながら的に向かうことになりますから、風は矢の的中に大きく左右する要因になります。
ですから、試合会場では、いかに風を読むかがとても大切になります。
私が参考にするのは、的の上に立てラれている旗だけではなく、的の後方に見える木々の揺れなども参考にしています。どちらに向かって、どのくらいの強さの風が吹いているのか分析して、その時々の風の流れに合わせて狙いを変えるようにしています。
ですが、先日の試合ではそのあたりをおこたっていたから、アーチェリーの基本フォームも乱れてしまいました。
また、風の影響は、当然ですが風の抵抗を受ける時間がながくなるほど多くなりますから30mよりは50m、更には100mというように、距離が長くなるほど風の影響力はあがっていきますね。
また、矢によっても違ってきます。基本的には矢が細く速度も速いカーボン矢は比較的に風の影響を受けるのが少なく、これより太くて速度が落ちるアルミ矢は刈風の影響を強く受けます。
さっきまで左に吹いていた風が今度は右にということも良くあります。
数時間にわたって行われる試合になると、一試合のなかでも風の流れはめまぐるしくかわっていきますから、たかが風と侮っては上手くいきません。風を肌で感じて目でしっかり見て的確に対処出来るようにしていきたいですね。
また、私の経験からいって試合中に感じる苦痛のほとんどは精神的なものです。もちろん、身体的にも感じますが、その辛さは精神的な辛さの比ではありません。その要因はアーチェリーは陸上やサッカー、野球などの動的スポーツではなく静的スポーツだからだと思います。
nice!(0) 

ヨガ教室は集中しやすい

私は神戸に住んでいます。先日、以前から興味があったヨガ教室に行ってきました。
そこはよりヨガを集中できるように工夫されているので、雰囲気がとっても良かったです。
なにより、スタジオと比べ、家でやろうとするのはなかなか難しいですよね。単純に家には集中を妨げるようなものごとが多いからです
例えば、電話がかかつてきたり、とっぜん誰かがインターホンを鳴らしたり、はたまた誰もみていないからとぃって得意でないポーズを飛ばしてしまったり、きちんと呼吸をしなくなってしまったり…。そのような集中を妨げる要素がたくさんあります。
でも、ヨガのポーズをするにあたり一番必要なのは集中力ですからね。
なので、お家でヨガをすると時には、出来るだけいろいろなものが気にならないシンプルな部屋で行うとか。
クラスにはじめて参加する自分自身もヨガに集中しょうとする気持ちもありますし、そこのインストラクターの方の素晴らしい誘導とスタジオの雰囲気が加わるとで、自然とかなりの集中モードに入ってしまいます。
でも、はじめての人は、集中しすぎることには注意が必要です。
もっともっとポーズを深く取りたい、体を曲げたい、あともうちょっと…無理をするとケガのもとになります。
自分の身体の声に耳を傾けたほうが良いです。
また、私は神戸のヨガ教室に行ったんですが、同じ場所に同じことを習いにきていると思うと、それだけで出会いの必然性を感じちゃって、何人かの人と話すうちに初対面なのにとても仲良くなれましたよ♪
また、普段自分の周りにはいないタイプの人がいて、新鮮にかんじました。心のことや体のこともっと深いスピリチュアルな話しや、自分の話が出来る仲間はかけがえのないものだと思います。
そういった仲間と出会う場としてもスタジオはイイですね。
また、自分が気になるところを重点的に伸ばしていくことももちろんいんだけど、身体も外側や内側の筋肉のバランスなどを考えて作られているメニューがいいみたいですよ。
ヨガ教室でのメニューには、伸ばしたり、ねじったり、自分では考えないようなポーズが入っているので、それらをきちんとやっていくことで、偏りのない体を作っていくことが出来るみたいですよ。(^-^;
nice!(1) 

ピアノも料理と同じ

私の趣味はピアノを弾くこと。名曲が弾けるようになりたくで、自宅で暇をみつけては練習しています♪
で、ピアノも料理と同じようなものなかと最近になって思うようになりました。
というのも私は、手料理を出すのって凄く気まずいんです。自分の中では美味しいと思っている料理を失敗なく作れたとしても、相手にとっては、美味しさが理解できない味なのかもしれない。
そうした場合、相手に大変な思いをするのは、手料理をふるまった側ではなくてふるまわれた側であることも気になるうだよね。
作つてもらった料理を食べて美味しくなかったと感じた時に、どう反応したらいいか、本当に気を使うと思うし、気疲れしてしまう。
彼に手料理ををふるまうというのは、誰がどう見ても、自分をアピールするうえで点数稼ぎに決まっているし、味どうかな~と聞いてきたときにも、その時の気持ちはおい石井でしょうに決まっていると思う。
そうじゃなきゃ、好きな彼氏に手料理をふるまうなんていう行動にでるわけがないと思う。そういうわけで、私は全体的に、すごく気まずいし、恥ずかしいと思ってしまいます。

これはピアノも同じで、人に演奏を聴かせるのも同じように恥ずかしい…( ゚Д゚)
自分では上手く弾いているつもりでも、他の人が聴く全然上手く聞こえてこないということが良くあります。
ピアノって奥が深いから、独学では限界があると思います。
そうかといって教室に通うのもなんだし、今更という気持ちもあります。
だから、私は自宅でステップアップしながら学べるDVD教材を買いました。
海野真理のピアノ4~6弾 30日ピアノ教本&DVD
ある程度私のようにピアノは弾けるけど、上達しないという人には、自宅でマイペースで学べるのが良いです。
少しずつですが、クラシックの名曲にも挑戦しています。
やっぱり、子供の頃に良く聴いていた憧れの曲が弾けるようになったら、これからの人生がとても楽しくなりますからね。
人に聴かせるからには、料理と同じで上手くないと相手に気をつかわせてしまい、可哀そうだと思うし、本当は下手なのに「上手でしょう」という前提になるその状況設定のプレッシャーに私は耐えられません♪
nice!(0) 

離婚を恐れない妻は強い

私が結婚して良かったと思うことの一つに、離婚という便利な切り札を手に入れたことがあります。
多くの女性は結婚に対して石橋をたたいてしまうのは、離婚をするハメになるのが怖いかららだと思うんだけど、離婚という切り札が手にいっることこそ結婚の最大の魅力かもしいれないと思うほど、強力な切り札的なアイテムだと思っています。
ハッキリ言ってめっちゃ使える!使いこなすとすごく快適だよ♪
その男性の人のことを愛いしているのなら、これを手に入れたほうが確実に有利だし、末永く円満のカップルでいられると思う。
義理の母は、私の夫に対してあのこは本当に効く耳を持たないと言います。
彼女から、私と結婚する前の彼が家庭内でおこしてきたことなど、具体的なエピソード聞いていると、やばい息子だな!くそみたいな男だなと思うし、私、そんな奴と絶対に家族になりたくないという話になるんだけど、そんな彼と復縁してまで結婚したんです。
その時にはいろいろ悩んだんだけど、やっぱりプロのも方法が成功しやすいと思う。
ちなみに、私がやってみて上手くいったのはこちら⇒復縁カウンセラーの宮脇拓哉さんの復縁大学(女性版)

やっぱりプロの方法は自分では考えつかないテクニックもあって、凄い参考になりました。(^-^;
そういえば、義母の語る息子と私も夫が同じ人は思えないほどに、私に対して彼はものすごく聞き分けが良い子だし、言われたことを重要視する姿勢があります。母親のいうことは聞かないけど妻のいうことを良くきくのは、親子の縁はどうやっても切れないけど、夫婦の縁は簡単に切れるからだと思います。
彼の親である義母と違って、妻である私には、離婚という切り札がある。これが本当に腸強い!!
nice!(0) 

エアーテニス

私が中学生の時に面白いテニスの練習をしていましたよ。
それはエアーテニス。これは頭の中でゲームを行うことなんです。例えば、一方の選手がセンターにサーブを打つと言えば、も一人の方はバックハンドで深くリターンというように答えます。
また、下がってロビングを打つと言えば、足元に沈めるボールを打つと答えるよういするんです。
面白い練習方法だと思いませんか?ボールを打ち合わずに頭のなかで配球をイメージしながら相手と呼応すわけですね。
これは何のためにやるかというと、技術が未熟なうちから戦術的な頭脳を養うようにすることが目的なんです。
テニスが、外的要因によって左右されないで自分のペースで出来るスポーツなら、打ち方を学ぶと事と同じように、こういった試合の組み立て方や応じ方を学んでおくことが大事なスポーツとその当時の部活の顧問の先生が言っていました。
その当時は、いっていることが分からなかったんですが、今思い出してみると、納得です。
今はネットなどもあり、強豪校の練習方法なども分かるDVDもあるからいいですね。
その中でも、高橋茂のソフトテニスの極意 が一番いいかな~。
大抵の人は技術が身についてから戦術を弁児湯すると思い込んでいる人がおおいみたいですけど、それではいっまでたっても結果が出せません。
エアーテニスは、コートを離れても戦術を学べるトレーニングは最適さと思います。
時間のある時にでも、遊び感覚でやってみるのも面白いですよ!!
nice!(1) 

自己紹介&シリコンスチーマー

初めまして、ユミといいます。
私のモットーはお気楽に生きようです。(*^▽^*)
生まれは広島市なんだけど、今は岡山市に住んでいます。岡山って晴れの国というだけあって、お天気が多いですよ。
趣味はこれってありません。しいてあげれば、友達と食べ歩きかに色々なお店にいくことくらいかなー。

そういえば、私、1年半以上前に従妹からシリコンスチーマーをもらってたの。
でも、全然使いこなせてなくて…レシピ集とか見てもサッパリ分かんなかったんだよね。
でも温野菜はもちろん、肉料理りかも油なしで美味しく出来上がるから、最近シリコンスチーマーにハマってます。
たまたまクックパッドで見たレシピがシリコンスチーマーを使うレシピで、それでコツを覚えて使えるようになったのね。
これ、一度使えると、本当に便利ですよ。
レンジだけで料理できるし、時間も短くて済むから、お弁当づくりなんかに活用してます。少ない量で作れるのもイイよね(*´∇`*)
やっとシリコンスチーマーを使えるようになってきたから、これからは色んなレシピを探して、どんどん活用していきたいと思っています。
なんたって洗い物が減るし、ズボラな私の強い味方になりそうです♪

nice!(0)