So-net無料ブログ作成

エアーテニス

私が中学生の時に面白いテニスの練習をしていましたよ。
それはエアーテニス。これは頭の中でゲームを行うことなんです。例えば、一方の選手がセンターにサーブを打つと言えば、も一人の方はバックハンドで深くリターンというように答えます。
また、下がってロビングを打つと言えば、足元に沈めるボールを打つと答えるよういするんです。
面白い練習方法だと思いませんか?ボールを打ち合わずに頭のなかで配球をイメージしながら相手と呼応すわけですね。
これは何のためにやるかというと、技術が未熟なうちから戦術的な頭脳を養うようにすることが目的なんです。
テニスが、外的要因によって左右されないで自分のペースで出来るスポーツなら、打ち方を学ぶと事と同じように、こういった試合の組み立て方や応じ方を学んでおくことが大事なスポーツとその当時の部活の顧問の先生が言っていました。
その当時は、いっていることが分からなかったんですが、今思い出してみると、納得です。
今はネットなどもあり、強豪校の練習方法なども分かるDVDもあるからいいですね。
その中でも、高橋茂のソフトテニスの極意 が一番いいかな~。
大抵の人は技術が身についてから戦術を弁児湯すると思い込んでいる人がおおいみたいですけど、それではいっまでたっても結果が出せません。
エアーテニスは、コートを離れても戦術を学べるトレーニングは最適さと思います。
時間のある時にでも、遊び感覚でやってみるのも面白いですよ!!
nice!(1)